内視鏡検査「大腸カメラ」

大腸カメラの「つらい」を軽減

大腸カメラ

・苦痛が少なく精度の高い大腸カメラを目指しています
・消化器内科(カメラが専門の科)の内視鏡専門医が行います
・大腸ポリープは、原則その場で切除します

大腸カメラについて Colonoscopy

お尻からカメラを挿入し大腸を観察する検査です。癌(がん)の発見やポリープを取ることも可能です。近年、大腸癌(がん)の患者様が著しく増加しております。
是非一度ご検討下さい。

1

カメラが入る時の痛みを軽減

カメラの入れ方(挿入法)を工夫しています

カメラによって腸が伸ばされると痛みが起こります。
腸を伸ばさず、負担がかからないような挿入を心がけております。
柔らかく、程良くコシがあり、細い(先端11.7mm)カメラを使用しております。

大腸検査機器
2

お腹の張りを炭酸ガスで軽減

炭酸ガスは腸での吸収が空気の約200倍

炭酸ガスでの検査を行います

カメラを入れる時や観察・処置を行う際も炭酸ガスを使用しています。
炭酸ガスは腸での吸収が空気の約200倍で、検査中や検査後のお腹の張りが軽減されます。

大腸の中のガス
!!

それでも心配な方には

相談

主治医と相談の上、ご希望があれば鎮痛剤(痛み止めの注射)の使用が可能です。

安静

痛み止めを使用した場合のご注意

痛み止めの注射を使用した際には
● 検査当日は車の運転はできません
● 検査後に1〜2時間クリニックで安静が必要
になります

大腸カメラを受けていただきたい方

大腸カメラ検査を受けていただきたい方

・健康診断(便検査)でひっかかった方
・便に血が混じることがある方
・便通異常のある方(下痢が続いたり・便秘が続いている方)
・貧血のある方
・体重減少・お腹にできものが触れる方
・血縁者で大腸癌(がん)を患った人がいる方
・大腸癌(がん)の手術歴のある方
・大腸ポリープを以前とったことがある方(特に大きいポリープ)
・糖尿病のある方
・ご年配の方で今まで大腸カメラをしたことがない方

検査を受けていただきたい方

大腸カメラで発見できる病気

大腸

大腸の病気

・大腸癌(がん)
・大腸ポリープ(その場で切除します※)
・大腸憩室(だいちょうけいしつ)
・潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)
・痔核(いぼ痔)
・クローン病
・虚血性腸炎(きょけつせいちょうえん) 
・直腸潰瘍(ちょくちょうかいよう)
・大腸粘膜下腫瘍(だいちょうねんまくかしゅよう)
など

※大腸ポリープはその場で切除します。

6-10mm程度のポリープはその場で切除いたします。20mmを超えるものは
クリニックでの処置は難しいため、連携施設での切除を依頼いたします。
大腸ポリープ切除の経験豊富な専門医が施行いたします。
(ポリープの形によってはサイズが小さくても切除が困難な場合がございます。また血をサラサラにするお薬を飲まれている方も難しい場合があります)

検査精度について

精度の高い検査を目指しています。

カメラはオリンパス社の内視鏡(PCF-H290LI)を使用しています。
通常観察だけではなくNBIという特殊光観察で見逃しのない検査を行います。

検査

大腸粘膜(ねんまく)の血管が強調されるため、病気が見つかりやすくなります

大腸カメラ

やや赤く凹みのあるポリープがNBI modeによって見つかりやすくなりました

検査機器

検査の流れ

女の子
検査前日

検査食をとっていただきます。
夜は9時までに食事を済ませていただき、それ以降は飲水のみにしてください。

検査当日

朝から下剤を2L程度ご自宅で飲んでいただきます。


1

検査前

検査前

腸の動きを抑える注射をします。

検査前に腸の動きを抑える注射を肩からさせていただきます。

2

検査

検査

検査実施

カメラを挿入します(検査時間は個人差があります)※大腸ポリープはその場で切除します。

3

検査後

検査後

検査後のご注意・結果説明

検査結果は検査終了後、すぐに説明いたします。
ポリープをとった際には顕微鏡の検査に提出しますので結果が出るまで1−2週間かかります。

広沢クリニック

〒311-4313 茨城県東茨城郡城里町上入野2427-1

内科・外科・消化器科・肝臓内科・内視鏡内科・整形外科・放射線科・小児科・リハビリテーション科

お電話でのご相談tel. 029-288-7651

人間ドック・健康診断・各種検査はご予約ください。

城里町のかかりつけ医、広沢クリニック

内科・外科・消化器科・肝臓内科・内視鏡内科・整形外科・放射線科・小児科・リハビリテーション科

Copyright ©2021 HIROSAWA CLINIC. All Rights Reserved.